不動産売却を不動産会社に依頼するなら

不動産売却の前に媒介契約を締結しましょう

不動産売却 高値 姫路 不動産の売却を不動産会社に依頼する場合は必ずその不動産会社と『媒介契約』を締結してください。

 媒介契約とは、不動産の購入・売却等の業務を受託する場合に、不動産会社と依頼者との間で交わす契約で、不動産会社と不動産売却の依頼者との紛争防止を目的として契約するものです。

 現状では、この媒介契約が口頭で行われている場合がほとんどなのですが、紛争防止のためにもきちんと書面で契約しましょう。
 書面で媒介契約を行わないような不動産会社には不動産の売却を依頼されないほうが良いと思います。

 この媒介契約には3種類のタイプがありますので、その違いを知っておいてください。

3種類の媒介契約

 媒介契約では少なくとも以下のことが取り決められているかを確認してください。

  • 媒介契約の種類
  • 媒介契約の有効期間
  • 不動産を売却・購入すべき価格
  • 不動産会社の報酬の額とその内容
以上をきちんと決めておかないといざというときに紛争になりかねません。

最初の項目に関しては、媒介契約には以下の3種類があります。

不動産、売却、姫路 専属専任媒介契約
ある特定の不動産会社に売却を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することはできません。不動産会社は、依頼主に対して、1週間に1回以上、売却活動の状況を報告する義務があるのです。また依頼者は、自分で不動産の購入希望者を見つけることはできないことを知っておきましょう。

不動産、売却、姫路 専任媒介契約
専属専任媒介契約と同じで、特定の不動産業者のみに不動産の売却を依頼する契約です。不動産会社は依頼者に2週間に1回以上、売却の状況を報告する義務があります。この契約では依頼者は自分で購入希望者を見つけることも出来ます。

不動産、売却、姫路 一般媒介契約
複数の不動産会社に売却を依頼出来ます。不動産会社に売却状況の報告義務はなく、自分で購入希望者を見つけることが出来ます。媒介契約書に、媒介契約の種類について明示がない場合は自動的に一般媒介契約になります。

3種類の媒介契約の違い

 3種類の媒介契約の違いを簡単にまとめますと以下の通りです。

1
複数業者
との契約
依頼者自ら
見つけた相手
との取引
指定流通機構
への登録
業務処理状況
の報告義務
専属専任 × × 5営業日以内 1週間に
一回以上
専任 × 7営業日以内 2週間に
一回以上
一般 なし なし

 以上のような違いがありますが、では不動産の売却に当たってはどタイプの契約がいいのでしょうか?

 ホームページなどで調べてみますと、『不動産会社としては浮気されるのはイヤだから専属か専属専任にすれば不動産会社は一生懸命やってくれる』などとかかれてますが、私は、信頼できる業者なら一般媒介契約でいいと思います。

一般媒介契約で、依頼主にとって不利なことは、指定流通機構への登録義務がないことと、業務状況の報告義務がないことですが、弊社の場合では、指定流通機構へは必ず登録しますし、業務状況の報告についても、義務のあるないに関わらず10日に1度ぐらいは書面で報告します。 そうしないと、依頼者の不動産売却に関する重要な判断が下せないからです。

専属や専属専任じゃないと一生懸命売却してくれないという不動産会社なら、そんな不動産会社にはそもそも不動産の売却を依頼すべきではないと思います。


不動産売却 高値 姫路

Copyright(c) 2013 KANTOU-CO. All Rights Reserved.