不動産売却の基本を知っておこう

意外に知らない不動産売却の流れ

不動産売却 高値 姫路 不動産の売却は、中古車やへ車を売るように簡単には行きません。いくつかの手順をきちんと踏んで売却する必要がります。

  この手順の中には必ず行わなければならない手続きもありますので、不動産売却の基本的な流れを知っておくことは非常に重要です。

これさえ知っていれば、悪徳不動産屋にだまされることもないでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

不動産売却の基本的な流れ 

ここで説明します基本的な流れは、不動産の売却を不動産会社へ依頼する場合の流れです。

不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション まずは売却を依頼する不動産会社を選択しますが、この選択は不動産売却の成否を左右する重要な選択です。このページなどを参考に慎重に選択してください。
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション 売却依頼をする不動産会社を決定しますと、その会社と媒介契約を締結します。これは大事な契約ですので必ず行いましょう。媒介契約については詳しくはこちらのページで。
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション 不動産会社による売却活動の結果、売却先を決定します。決断するのは売主であるあなたです。
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション 不動産の売却に当たっては、売主の義務がいくつかありますが、その一つが土地の境界を買主に明示することです。 境界を明示するために隣地の所有者と境界立会いを行って境界について合意していく必要があります。

また実測取引の場合は、土地家屋調査士等の専門家による測量も必要です。 隣地の所有者と合意した境界については、合意内容を文書にし、署名押印したものを売却時に買主に引き渡します。
 なお、この境界立会いの順番は前後することもありますが、少なくとも決済までには行います。
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション 重要事項説明は通常買主に対してなされるものです。宅地建物取引業法では買主に対して売買対象物件に付き重要な事項を売買契約締結前に書面によって説明しなければならないことになっています。

しかし、最近は確認の意味でも売主に対してもこの書類を発行するのが通常になっています。記載内容に付き間違いがないかどうか確認しておきましょう。特に売買条件についてはこの書面できちんと確認しておいてください。
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション
不動産、売却、姫路、土地、中古住宅、マンション 重要事項説明が終わりますと、買主様は通常ローンを申し込みます。売主様には関係ないのですが、ローン申し込みから実際にローンが降りるまでは少し時間がかかることは知っておいたほうがいいと思います。通常2〜3週間かかります。

なお、契約が終わってからローンを申し込む場合もありますが、ローンを申し込むには最低限重要事項の説明が終わっていないといけません。
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション 重要事項説明が終わると売買契約を締結します。このとき手付金を受領するのが通常ですが、契約から決済まで一括でしてしまう場合もあります。
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション
不動産、売却、姫路、土地、中古戸建、マンション 決済とは売買代金の清算をすることです。契約時に手付けを受領している場合は残代金を受領します。また、固定資産税を決済日をもって清算します。

さらに、物件に抵当権が付いている場合は、借入金を返済して抵当権を抹消しなければなりませんが、その手続きも通常この決済時に行います。

なお、境界の明示はこの決済時に行うのが通常です。また、実測取引をする場合で、実測面積が確定していない場合は、後日実測面積が確定したときに実測誤差分を清算する事もあります。

以上が基本的な取引の流れですが、実際は物件や、取引当事者の事情によって取引の流れは変わってきます。

不動産売却 高値 姫路

Copyright(c) 2013 KANTOU-CO. All Rights Reserved.