不動産売却の最終決断を下すとき

不動産売却の最終決断をいかに下すべきか

不動産売却 高値 姫路バブルがはじけてからというもの、不動産の取引には値引交渉が付き物です。値引き交渉に応じて売却すべきか、それとも断って売却活動を継続すべきか、不動産売却の最後の山場が、『あなたの決断』です。

これまでの不動産売却活動を総括し、今こそ売却すべきと判断したときには潔く売却を決断すべきです。

この決断の時を誤れば、それまでの売却活動の苦労が全て泡と消えてしまうのが不動産売却の難しいところです。
 では、いつ、どのような条件で決断すべきなのでしょうか?

不動産売却の第一歩、市場分析を振り返りましょう

不動産売却 高値 姫路 決断すべき時を教えてくれるのは、『市場分析』以外にありません。常に流動している不動産市場を的確に分析できていれば、決断のときを誤ることはありません。ただ、市場分析と一言で言っても、何をすればいいか分かりませんよね。

 私の場合はご依頼いただいたお客様と売却活動について定期的に報告させていただく際に市場の動きに関する資料もお渡しするようにしています。特に市場に出回っている売物件、特に売却したい不動産と競合すると思われる売物件に関する情報は十分に提供するようにしています。

 しかし、そのような情報を提供する不動産業者は少ないでしょう。もし、あなたが売却を依頼している不動産業者が不動産市場の情報を提供してくれない場合は、不動産価格査定書を振り返ってみてください。

 不動産価格査定書こそその不動産業者の市場分析の結果そのものなのです。
 不動産価格査定書を見てもよく分からないという方のために一般的な判断材料を説明しましょう。

買希望者はどのような方ですか?

 あなたが売却されようとされている不動産は誰もが欲しいと思うことはありません。 が、その不動産を欲しいと強く思う方もきっと居ます。あなたの不動産を強く欲しいと思う方はどのような人か考えましょう。 つまりその不動産の需要者の属性の分析です。例えば、売却対象不動産が一戸建て住宅なら、その住宅に自ら住もうとされている方が一番ほしいという思いが強いでしょう。

そのほかにもその不動産を賃貸して不動産収入を得ようとする人や、リフォームして再販しようとする不動産業者も需要者として考えられますが、一番欲しいと思う需要者は、自らが住もうとされている需要者です。 そして、今あなたの前におられる買希望者が、最も欲しいと思う需要者ならば迷わずその方への売却を決断すべきです。 

なぜ査定価格に納得されてないのでしょうか?

 不動産の取引において今や値引交渉は、慣習のようになってしまっています。
しかし、本当に値引きしてもらわないと購入不可能な方はそんなに居ません。かといって、人は価格に納得しないと絶対に購入しません。

 そこで、買希望者がなぜ値引きを希望されているのかの情報を不動産会社を通じて得られないでしょうか。ここからは交渉事ですので難しい側面もありますが、私の場合は売却依頼者に交渉過程を出来るだけ詳しく報告いたします。

 もちろん本当に値引きしないと資金が足りない方も居ますが、多くは売却価格に納得されていない場合が多いのです。その場合は、その売却価格が適正であることをきちんと説明しますと納得されます。中にはとりあえず値引きを要求しとこかという方もいらっしゃるのですから。
 

売却を決断すべき時

 正しい価格査定の結果、その価格で買いたいという方が現れた場合は迷わず売却を決断すべきです。あくまで価格査定が正しいというのが前提ですよ(不動産の価格査定は『正しい決断』にも影響を与えるのです)。

値引き交渉が入った場合は、買希望者の属性を分析し、OKなら買希望者の事情を考慮します。この二つの検討でOKならば迷わず決断されてもいいと思います。

 もちろん、それ以上の価格で売却できる可能性が皆無ではありません。しかし、不動産は他の商品と違い、出会いが大事なんです。出会いを大事にしましょう。不動産の売却こそ一期一会です。
               正しい不動産価格査定とはこちら

不動産売却 高値 姫路

Copyright(c) 2013 KANTOU-CO. All Rights Reserved.