不動産売却を成功へ導いてくれるのは優秀な担当者です。

不動産売却では会社より担当者が大事

 前頁で不動産会社選択の重要性を説明させていただきましたが、不動産会社の良し悪し以上に大事なのが『担当者』です。実際に不動産の売却活動を行い、売却についての判断に大事な情報を提供してくれるのは不動産会社ではなく、担当者だからです。
 かといって、担当者は選択できない場合が多いですよね。会社に行くと自動的に担当者が割り振られてしまう場合が多いですから。
 しかし、担当者が良くないと感じたら、担当者を変えてもらうよう、勇気を持って申し出ましょう。
 

不動産の売却の売却においてなぜ担当者が大事なのか

 不動産の営業マンは、ほとんど完全歩合給で雇用されています。完全歩合でなくても、基本給はかなり少ないはずです。このような状況は我々のような零細企業の経営者も同じなのですが、我々の場合は賃貸管理の定期収入がある程度あるのでまだましなのです。
 契約しなければ給料がないので、担当者は『契約したい』と常に思っています。不動産の売却に当たって、この思いのために依頼者と担当者の利害が対立する場合があります。 たとえば、担当者が見つけてきた買希望のお客様が値引きを要求してきたとします。このようなことは、不動産の売却では日常茶飯事です。このとき、依頼者は値段を下げて売却するはいやでしょう。しかし、担当者は多少値段が下がっても売却してもらった方がいいのです。契約しなければ歩合給が得られないのですから。
 このようなとき、不動産市場は不透明なので、お客様に価格を下げるよう説得することは以外に簡単なんです。値引きして不動産の売却を決意するよう依頼者を説くかどうかは担当者の倫理観しだいといえます。いくら契約したいからと言っても、お客様の希望される希望される価格で売却する努力をする担当者でなければ駄目なのです。
 

担当者の信頼度を見分ける方法

 私の経験から、あなたの担当者が信頼できるかどうかを見分ける方法をお教えします。

不動産、売却、姫路 不動産の基本的調査を完璧にする
 不動産価格査定のためだけではなく、トラブルなく売却するためには不動産の基本的事項を正確に調査しなければなりません。正確に調査できているかどうかは価格査定書を比較してみれば判ると思いますので、精査されてみては如何でしょうか。

不動産、売却、姫路 依頼者の疑問点は全て解消する
 お客様は不動産の取引になれていない場合がほとんどですので、とにかくどんな小さな疑問点も解消するように努力しています。そのためには、お客様が質問しやすい雰囲気を作ることが大事です。
 また、何が分からないのか自体がお分かりにならない方もいらっしゃいますので、取引に関する説明はくどいほど行います。納得して取引していただくためには疑問点は全て解消しておかなければなりません。

不動産、売却、姫路 必要な情報を提供する
 不動産の売却は、お客様のご決断の連続ですが、このご決断を適正に行っていただくためには情報の提供が大事だと考えています。市場の動きや、取引の状況など、お客様自身ではなかなか得られない情報が、適正なご決断のためには必要となります。
 そこで、そこでお客様に必要だと思われる情報は、特に依頼されなくても提供させていただくようにしています。
 
不動産、売却、姫路 不断の研鑽
 不動産の世界は常に変化してますし、不動産を規制する法律も改正されます。日常から勉強しておかないと、お客様のご期待に添えないだけではなく、不測の損害を与えてしまう場合もありますので、日常の勉強は欠かせません。
 不動産を扱う者には高い知識と倫理観が要求されていると思います。
不動産先進国のアメリカでは不動産業者は、弁護士と同等の社会的地位がありますが、その地位に見合うだけの研鑽を積んでいます。
 日本では特に資格がなくても不動産の営業マンになれますが、アメリカではライセンスが必要です。不動産の場合、依頼者の信頼にこたえられる業務を行うためには絶対に勉強が必要です。

>『景気が悪い』にだまされるな

不動産売買トラブル 土地問題 無料相談 姫路不動産建築事務所

Copyright(c) 2013 KANTOU-CO. All Rights Reserved.