不動産の売却は正しい価格査定から。

不動産業者の無料価格査定の本当の目的

 不動産の折込チラシや、不動産会社のホームページを見ると、『不動産の売却をお考えの方へ、無料価格査定受付中!』などの広告を良く見かけますよね。当方も右肩に出していますが・・・。
 この不動産無料価格査定の本当の目的は

ずばり    『集客』  です。

 不動産業は取引の仲介をさせていただいて利益を得る業種ですから、これから不動産の取引をされようとする方の情報が欲しいのです。しかし、不動産を売却するためには『価格査定』は避けて通れませんし、  価格査定が不動産売却の第一歩ですので、大いに利用されるべきだと思います。いまやネットでは、『一括査定』という便利なサイトもあります。サイトで登録するだけで自動的に何社にも価格査定を申し込むことができるサイトです。

 しかしこの不動産無料価格査定、利用の仕方を間違えると大変なことになりますので十分注意してください。

悪徳不動産業者の無料価格査定にだまされるな!

 『何社かで無料価格査定を申し込んで、査定価格が一番高かった会社に売却依頼した。 半年たっても売れないので文句を言うと、価格を下げないと売れないと言われた。
どうすればいいんでしょうか。』

不動産業界に入ってこのような相談を何回受けたことでしょうか。完全に無料価格査定の罠に引っかかってしまった事例です。こうなると、底なしの値引き地獄に陥ってしまい、適正な価格で不動産が売却できない可能性もあるのです。

 何回も言いますが、無料価格査定の利用方法を間違えると、不動産の売却に失敗してしまいます。ここで、二つのことを思い出してください。 まず、無料価格査定の目的は集客であるということ、そしてもうひとつは、不動産の特徴である、不動産の価格は決まっていないと言うことです。

不動産売買トラブル 土地問題 無料相談 姫路不動産建築事務所 無料価格査定で集客したお客様とは、媒介契約を締結して実際に売却依頼を受けなければ何の意味もありません。売却依頼を受けるためには、『自分に任せていただければ高く売れる』とお客様に思わせればいいわけです。

 そのためには高く査定する必要があります。不動産の価格は別に決まっているわけではないのでいくらで査定しても良いのです。高く査定してとりあえず売却依頼をうけてしまおうという業者がいても不思議ではありません。なんせ、不動産業界なのですから・・・。

 不自然に高い物件はまず売れません。買主様も大きな買い物をされるわけですからいろいろ勉強されてます。しかし、たまーに売れてしまうこともあるんですよね。 これが不動産の難しいところで、同条件の不動産は二つと無いわけですから、不自然に高い価格では絶対に売れない!と誰も断言できません。 しかし、売れないことの方が多く、結局上記のような相談を受けることになってしまうのです。

 では、売却できなければ価格を下げればいいと思われるかもしれません。しかし本当にそうでしょうか?買い手の立場に立って考えてみてください。
 その不動産に興味ある買い手は、新聞の不動産広告などでみて、いい物件だけど値段が高いと思っているとしましょう。自分の購買力に比して高いなら、価格が下がって手の届く範囲に入ってくれば購入するでしょう。  しかし、それ以外の理由で高いと思っているとしたら価格を下げても購入しませんよね。これが不自然に高いと言うことなのです。建物が古いのに建物の価格が高めだとか、近隣の売り物件と比べて以上に高いとか・・・。

 ここで値段を下げれば、やっぱり売却に苦しんでいるんだなと思って、ますます購入しにくくなります。また、まだまだ下がると思って購入をのばす人もいるでしょう。このように価格を下げたからと言って簡単に売却できるわけではないのです。  それどころか一度の値下げにより、上記のような悪循環に歯止めがかからなくなる底なしの値引地獄に陥る危険もあるのです。

 かつて新築マンションが売れなくて、在庫処分のため新築マンショをバンバン値下げして売ろうとした時期がありましたね。毎週入る新聞広告を見ていると、一週間に100万円単位で値下げしていました。それでも在庫が売れないばかりか、どうせ値下げされるだろうと新たに建てられる新築マンションも売れなくなり、多くのマンション業者が倒産してしまったのは記憶に新しいところだと思います。

不動産業者が教える無料価格査定の正しい利用方法

 何度も言いますが、不動産業者の全てが悪徳ではないので、正しく無料価格査定を利用すれば、不動産業者に売却依頼しても、売却に失敗することはありませんのでどうぞご安心ください。それでは、無料価格査定の正しい利用方法を紹介しましょう。

不動産、売却、姫路 複数の不動産業者に査定依頼するのはOK
特に知っている不動産業者がいない場合、複数の不動産業者に査定依頼して比較したくなりますが、複数の不動産業者に依頼するのはOKです。
一括査定で依頼する場合は、実際に依頼する不動産業者を選択できるようになってますので、HPなどで研究して依頼する不動産業者を選択しましょう。 しかし、せいぜい3社までにしないと応対だけで疲れてしまいます。

不動産、売却、姫路 査定価格だけで売却を依頼する不動産業者を決定してはいけません!
上記の通り、査定価格が高いからと言ってその不動産業者に売却を依頼してはいけません。売却依頼を取るためにわざと高く査定する不動産業者がいるからです。
大切なのは、査定価格ではなく(査定価格ももちろん大事なのですが)、査定根拠です。

不動産、売却、姫路 買い手の立場になって不動産価格査定書を熟読しよう
不動産価格査定書は、売却希望のお客様に対して売却金額の根拠を提案する資料であり、査定根拠が書かれてあると思いますが、その根拠はそのままその不動産業者が買主様に説明する、その価格が適正である理由でもあります。

ですので、あなたがその理由に納得しなければ買主様だって決してその不動産の価格に納得することはないでしょう。 買い手の立場に立って不動産価格査定書をじっくり読んでみると、その査定書の信憑性が判断できます。

不動産、売却、姫路  売却する不動産の基本的な調査を自分で行っていない不動産業者には依頼してはいけません
 不動産の価格を査定するに当たっては、売却する不動産のことをいろいろ調査しなければなりません。そのためさまざまな資料を集めます。
この作業は大変手間であり、費用もかかるのですが、不動産の特徴を的確に把握するため、絶対に省略できない作業であり、かつ絶対にミスが許されない作業なのです。

ですので、私の場合は依頼者がいろいろ資料を用意して下さっていてもあらためて自分で資料を収集します。依頼者を信頼していないのではなく、最新の情報をきちんと自分の手で収集したいからです。
この作業で依頼者の提示した資料をそのまま採用したり、必要な資料を収集していないような不動産業者には絶対に売却依頼をしてはいけません。 普通不動産価格査定書には査定根拠として様々な資料が添付されていると思いますので、それらを参考に判断してください。

不動産、売却、姫路  客観的根拠に基づいて査定していない不動産業者への売却依頼はNGです
 不動産の正しい価格というのは、売買の世界ではあるようでありません。ですのでいくらで査定していくらで売り出そうが、売主様の自由です。

 が、それでは買主様は納得しません。買主様は合理的な価格でないとやはり納得しないのです。
ですので、査定根拠が客観的な資料に基づいていないような不動産業者への売却依頼はやめましょう。
この不景気ですから必ず『値引き交渉』が行なわれますが、私の場合価格査定の根拠をきちんと説明し、その価格で購入しても買主様にとって全く不利益ではないことをしっかり理解していただきます。

査定が客観的な根拠に基づいていないと、買主様へ何と説明するのでしょうか?結局値引き交渉に応じざるを得なくなるのではないでしょうか。

不動産、売却、姫路  不動産の価格の考え方をきちんと表明している業者を選びましょう
 不動産の価格と言うものは本当に不透明なものでして、だからこそ不動産鑑定士などという国家資格があるのだと思いますが、とにかく査定主体の考え方一つで査定価格は大きく変わります。
だから、不動産の価格、また不動産の売却についてどのように考えているのかがきちんと分かる業者に依頼しましょう

最近はホームページでそのようなことを十分知ることが出来ます。事前の情報収集は大事ですので、一括査定はあまりお勧めできません。

以上のようなことをご参考にぜひ、正しい価格査定をしてくれる不動産業者に売却依頼をしましょう。

正しい価格査定とは

正しい価格査定のお申し込みはこちらから(無料です)

不動産売買トラブル 土地問題 無料相談 姫路不動産建築事務所

Copyright(c) 2013 KANTOU-CO. All Rights Reserved.